ホーム | お問い合わせフォーム | 関連リンク | サイトマップ

 
サービスのご案内

KYGを実践するための健康チェックのご案内です。
健康状態を知り、分析しなければ、具体的な健康対策を見出すことはできません。
KYG協会では検査キットなど様々なサービスを提供しています。


検査サービスのお申し込みは申込書をダウンロード、または資料請求にてお取り寄せのうえFAXしてください。
検査サービス受付FAX番号
 03−6745−8981
 
 特定商取引法に基づく表記  
                                     
     
     
     




 


 
遺伝子酸化損傷検査報告書  
 
  老化を早めたり、生活習慣病を引き起こす大きな原因は、活性酸素による「酸化ストレス」であると考えられています。この酸化ストレスレベルを知り最小限に抑えることが生活習慣病の予防や老化の進行を遅らせる重要なカギとなります。遺伝子酸化損傷検査では尿中に排出される遺伝子DNAの酸化代謝物である「8−OHdG」を測定し生体内の酸化ストレスレベルを数値化します。     
                         
  【病気・老化の原因となる酸化ストレス】    
  酸化ストレスとは一般に、生体内において生成される活性酸素が細胞や遺伝子を酸化させて傷つけようとする力と、生体が持っている酸化に対抗しようとする力の差として定義されています。酸化ストレスの上昇は分子レベルの生体酸化損傷を増加させ、ガン、糖尿病、高血圧といった生活習慣病をはじめとして数多くの疾病や老化の進行につながると考えられています。    
                         
  【酸化ストレスを上昇させる活性酸素】     
  活性酸素は生体に必要なエネルギーを作り出したり、体内に侵入した異物を排除するといった重要な働きを持っています。しかしこれが過剰になると脂質過酸化、DNA変異、たんぱく質の変性、酵素の失活などをもたらし酸化ストレスを上昇させます。ストレス、タバコ、食品添加物、紫外線、排気ガスなどが活性酸素を過剰に発生させる主な原因となります。    
                         
  【遺伝子酸化損傷検査の目的】     
  「遺伝子酸化損傷検査」は生活習慣病の発症や老化を早める大きな原因と考えられている生体内の酸化ストレスの大きさを数値化することで、生活習慣改善や生活習慣病予防などの指標としていただくことを目的とした検査です。特定の疾病の診断や進行度の判定を目的とする検査ではありません。

正常範囲:20.00ng/ml CRE未満(KYG協会設定値) 
   
                         
  【検査料金】 税込    
   11,880 円  (個人一般会員価格 8,100円)    
   お申込み前にこちらをご確認ください    
    遺伝子酸化損傷検査申込書    
   検体到着後、約3週間で報告書をお送りします。     
   検査の流れ     
                               ページの先頭に戻る  
                                 
                                     
   
                                       
                                       
  採血キットを使用して指先から一滴の血液を採取するだけで、13種類の血液検査を行い、6項目の健康チェックができます。血液データによる生活習慣病のセルフチェックが自宅でカンタンにできる郵送血液検査です。

検査キットについて

※この検査は検査結果のみを通知するもので、疾病の発見や病態を診断するものではありません。検査結果はあくまでも個人の責任において自己の健康管理に役立てていただくものです。もし、体調不良、健康不安がある場合は医療機関で医師にご相談ください。
 

採血キット





郵送血液検査報告書
 
                       
  【検査項目】     
  1.栄養状態:血清総たんぱく、血清アルブミン    
  血清総たんぱくは、体のバランスが維持されているか、肝臓、腎臓の機能が正常に働いているかなどを調べる検査です。アルブミンは肝臓機能と深くかかわり、肝臓の状態を知る指標として重要です。    
       
  2.肝機能:GOT、GPT、γ−GTP    
  GOT、GPTとも肝臓の細胞が壊されると血中に流出し、これらを調べることで肝臓の状態を知ることができます。γ‐GTPは飲酒、脂肪肝や肝炎で細胞が障害を受けると血液中に増加してきます。    
     
  3.脂質:総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール    
  総コレステロールや中性脂肪の上昇は動脈硬化を進行させ狭心症や心筋梗塞等の原因となります。HDLコレステロールは動脈硬化を予防する働きがある為、低値の場合には注意が必要となります。    
                         
  4.血糖:血糖値、ヘモグロビンA1c    
  血糖値やヘモグロビンA1cは糖尿病の判定に用いられます。ヘモグロビンA1cは、1〜2ヶ月の血糖の変動を反映し、高値の場合は糖尿病を示唆します。    
                         
  5.腎機能:血漿の尿素窒素、クレアチニン    
  尿素窒素、クレアチニンとも腎臓の排泄機能の低下で血中濃度が上昇するため、腎機能障害の発見に用いられます。    
                         
  6.痛風:尿酸          
  核酸の構成物質のひとつであるプリン体の最終代謝物質です。尿酸は痛風の観察を目的に行います。     
                         
  【検査料金】 税込    
  1回コース   6,480 円 (個人一般会員価格 6,264円)    
  4回コース 25,920 円 (個人一般会員価格 25,056円)    
  ※4回コースは初回以降、4・8・12ヶ月後の計4回検査キットをお送りします。                 
   お申込み前にこちらをご確認ください              
  郵送血液検査申込書          ページの先頭に戻る  
   検体到着後、約1週間で報告書をお送りします。                   
   検査の流れ                  
                                       
                                     
                     
     
     
     
     
     
  検査キットを使用して指先から1滴の血液を採取するだけで、胃がん等の原因といわれるピロリ菌感染を検査できます。 検査キットについて

この検査では、ピロリ菌に対して体内で作られる抗体の量を測定します。結果に関しては、その感染が現在胃の中に存在する細菌によるものか、過去の 感染によるものかの区別がつきませんので、その鑑別の必要はありますが、ピロリ菌感染の有無を調べるうえでのスクリーニング検査(ふるいわけ検査)として有用です。検査の結果、感染の可能性がある場合は医療機関で精密検査のうえ除菌治療をお受けになることをお勧めします。





                  
ピロリ菌検査報告書
 
     
  【検査項目】  
    ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査(基準値:〜10.0)  
     
  判定で基準値を超えてしまったらがんなの?
ピロリ菌感染の検査そのものは、がんの存在を調べるものではありません。今回の検査結果が基準値を超えていたからと言って、がんと結びつけることはできませんので、まずはきちんと医療機関を受診し、現在のピロリ菌感染状態の鑑別等、医師による総合的な判断を仰ぐことが必要です。

判定は基準値以下。もう検査しなくてもいい?
検査の結果が基準値以下の場合には、今現在はピロリ菌感染の疑いは低いと考えられます。この場合でも、胃炎を繰り返すなどの体調不良や健康に不安を感じる方は、医師にご相談ください。また、感染経路が明確では無いため、今後新たに感染する可能性も考えられますので、定期的に検査をお受けになることをお勧めします。
  
   
  【税込価格】 ピロリ菌Q&A      
   7,128円(個人一般会員価格 6,415円)     
   お申し込みの前にこちらをお読みください   
  ピロリ菌検査キット申込書  
  検体到着後、約1週間で報告書をお送りします。                
    検査の流れ  
     
     
     
   
   
                       
  栄養バランスのよい食事は健康づくりの第一歩です。「お食事栄養診断」は、皆様の食事内容を管理栄養士が栄養分析ソフトを用いて科学的に分析し、栄養バランスや食生活などについての改善ポイント等をアドバイスさせていただくことで、皆様の健康づくりに貢献いたします。  


食事日誌に3日分のお食事の内容を記入




お食事栄養診断 報告書




アドバイスシート

食事日誌到着後、約3週間で報告書をお送りします。
 
                       
  【診断項目】     
  3日分の食事内容(食事日誌)をご記入いただいてお送りください。管理栄養士が栄養素の摂取状況など、以下の項目を診断し、診断報告書と食事や生活習慣などの改善ポイントをまとめたアドバイスシートを作成します。  
     
  摂取エネルギーの診断  
エネルギー摂取量
食事毎、1日毎、平均のエネルギー摂取量、適正エネルギー量計算
 
  エネルギーバランス
たんぱく質(P)、脂質(F)、炭水化物(C)の摂取バランス(PFCバランス)
   
栄養バランスの診断  
アミノ酸スコア
イソロイシン、ロイシン、リシン、メチオニン+システイン、フェニルアラニン+チロシン、
トレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン
  脂肪酸・コレステロールの摂取量
n-3系脂肪酸、EPA+DHA、n-6系脂肪酸、飽和脂肪酸、コレステロール
  脂肪摂取バランス
動物性脂肪:植物性脂肪:魚油のバランス
  ビタミンの摂取量
ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、
ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC
  ミネラル・食塩の摂取量
ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、食塩
  食物繊維の摂取量
水溶性食物繊維、不溶性食物繊維、食物繊維総量
   
摂取品目の診断  
18食品群の摂取量
穀類、いも類、緑黄色野菜、その他の野菜、きのこ類、海藻類、豆類、魚介類、肉類、卵類、乳類、果実類、砂糖・甘味料類、菓子類、嗜好飲料類、種実類、油脂類、調味料・香辛料
 
       
  【税込価格】 
   6,480円 (個人一般会員価格 5,184円)  
   お申し込みの前にこちらをお読みください  
  お食事栄養診断申込書          ページの先頭に戻る  
                                       
       
       
   PDF形式のファイルを閲覧するにはアドビ社が提供する「AdobeReader」が必要となります。 
 最新の「AdobeReader」はアドビ社のホームページから無償でダウンロードできます。
 
                                       
  個人情報保護に関する基本方針  
                                       

(C) 2005 KYG Association